派遣の業種~IT技術系

一言でIT技術系といっても大変幅広く、「何がしたい」「何を目指したい」というビジョンとそれに沿った資格取得が予め成されていないと難しい仕事です。

プログラマーになろうと思えば、まずはアシスタントから始めるべきですし、アシスタントになるためにはヘルプデスクやサーバの保守点検から始めることもあるでしょう。

プログラマーの方がシステムエンジニアになる足がかりとしている場合もあります。

システムエンジニアの方はITコンサルを目指されているかもしれません。

最終目的をどこにおいて、どこから始めるのかということが大変重要です。

お若い人材であればあるほど、そのような「わらしべ長者的な動き方」というので、一つ一つ目的を達成してゆくと、最終的に行きたい場所に行き着くということになるのです。

派遣はその経験値を積むのに大変有利な方法です。

同時に資格取得なども必要に応じて上位主格を取っていくという方法がいいでしょう。

IT技術系は、様々な業種があるの、何をする仕事であるのか、大局をつかむことが大切です。

リクルートスタッフィング派遣.com

IT技術系の職種

・ システムエンジニア(SE)

情報システム全体の設計を行う業務。

クライアントからの要望に沿ってシステム設計を行い、プログラマに対して指示を行う。

システム開発のスケジュールなどを構築するのもシステムエンジニアの業務であり、プログラマを活かすも殺すもシステムエンジニア次第。

クライアントの方向ばかり向いていて、プログラマい負担を強いるばかりでは一流ではないといわれる。

・ プログラマ

SEが製作したシステム設計に基づいて情報システムのソフトウェアを開発する業務。

・ ネットワークエンジニア

企業内のネットワークシステムLANや企業間をインターネットで結ぶWANなどのシステムの企画・設計・構築・運用を行う業務。

・ 運用・保守

システムの運用管理全般で、稼働しているシステムの点検や周辺機器入れ替えに伴うシステム調整などを行う業務。

・ インストラクター

パソコン操作の方法や、ソフトウェアの使い方などを指導する業務。

スクールや企業内のセミナー講師としてのニーズが高い。

・ ユーザーサポート・ヘルプデスク

問い合せてきたユーザーに対して各種ソフトの設定方法や使用方法、エラー解決などをアドバイスする業務。

・ 研究開発

基礎研究と応用研究の業務に分かれる。

新たな領域の研究が基礎研究となり、基礎研究を踏まえて製品開発に結びつけるのが応用研究となる。

・ CAD設計オペレータ

建築物や機械部品などを作る前の設計や製図をCADで行うオペレーター業務。