派遣会社から見た紹介しやすい人

「派遣会社に登録したけれど、全く仕事の紹介がしてもらえない」という人は多く、「今から登録しようかな」と思っている求職者の方々を不安にさせることと思います。

ここには「派遣会社から満た仕事を紹介しやすい人」と「仕事を紹介しやすいタイミング」「条件」など様々な要因が考えられます。

もちろん派遣会社自体に、派遣の仕事の案件が少ない時などもあるとは思います。

そういった状況であればなお「紹介しやすい人から紹介する」ということになります。

派遣会社から見て紹介しやすい人というのは、どういう人でしょう。

紹介が受けやすい人材とは

まず紹介が受けやすい人の条件としては「就業できるまでの期間」があります。

「即日勤務が可能」な状態で登録すると、紹介がしやすいものです。

就業可能となるのが1週間後、2週間後、就業可能1ヶ月後の順番で、だんだん紹介へのモチベーションが下がります。

せめて就業可能となるのが1ヶ月以内であれば、紹介しやすいということです。

しかし現職があれば退職の意志を伝えてから退職するまでは通常2ヶ月ほどあります。

ほとんどの方が「仕事の切れ目がないまま働きたい」という意志がありますから、会社に辞める意向を伝えてからすぐに派遣会社に登録を行うことと思われます。

2ヶ月前は最も紹介がしにくいと、派遣会社は考えていますよね。

また会社に退職の意志を伝えていない場合は、就業可能日が明確に定まりません。

このような人材はそれ以上に紹介しにくい。

たとえば就業可能な日より早めに派遣会社への登録を終えた人は、就業可能となる2週間前に再度派遣会社に就業可能日を連絡するなど、一手間かけておきましょう。

就職が決まってから退職したいという気持ちはわかりますが、かえってそのことが仕事の紹介には不利に働いているとうことがあるのです。

派遣会社への登録のタイミングでベストな状態は、「即日就業可能」な状態。

そしてそれが無理であれば退職日が決まってから登録を行い、2週間前には再度案件の紹介がないか確認を入れて就業可能日を伝える。

このことを忘れずに行っておきましょう。それだけでも可能性は上がってきます。

また数社の派遣会社に登録をしておくことも有効です。