登録時に必要な書類

派遣会社の登録時に必要な書類や容易しておくべきものは、派遣会社ごとに多少の違いはありますが、概ね以下の通りになるでしょう。

・ 職務経歴書

・ 履歴書

・ 証明写真

・ 印鑑

・ 振込先口座(給与が発生した場合の)

まず履歴書ですが、履歴書は手書きが好ましいといわれています。

それはやはりきれいな字で誠心誠意書いているというのは、後から見なおしたときにも面談時の人となりを忘れても「どの様な人物であるか」の印象が履歴書から窺い知ることができるからです。

殴り書きをしているようであれば、良い印象は持たれません。

字の上手下手よりも、丁寧かどうかが注目されています。

履歴書をパソコンなどで入力していると、転職なれをしていると取られる場合もあります。

派遣会社の担当者は履歴書の字の印象から、多くの「人物像」の情報を読み取ろうとしているようです。

また派遣会社によっては何の書類を持ってくるということを指定せず、「どの様な書類を用意してくるか」というものまで「就業への意欲の現れ」を判断する材料とする場合もあるので、気を使うべきものです。

この職務経歴書と履歴書ですが、初めての登録であれば履歴書はわかっても「職務経歴書」が何たるかがわからない場合もあると思われます。

派遣のアデコ

職務経歴書とは

職務経歴書は履歴書のスペースでは書ききれないような過去の実績や経験、将来的な目標といったものを具体的に伝えるものです。

就業経験を明らかにすることで「何が出来る人間であるのか」ということを人事担当者に対してアピールするツールです。

職務経歴書の決められた書式がないことから、どの様なフォーマットを選択するのかというのも、その人物を知る鍵としている場合も多いようです。

この職務経歴書の書き方で、この人物は何を一番伝えたいのか、なにを自信としているのかを読み取ろうとしています。

書式の内容でプレゼン能力や、パソコンスキルの評価対象としている場合もあるようです。

書き方の工夫が、他の登録希望者よりも優位に立てることもあるのです。

主な内容は以下のようなものを内容に盛りこんでゆきます。

・ 職務経歴と在籍期間

・ どの様な会社で、また担当部署と担当業務

・ 役職役割

・ 実績

・ 転職動機と経験の生かし方

このような内容を盛りこんでいきますが、とくにこの実績の表し方に個性が現れます。

また転職動機と経験の生かし方は、次なる職場の希望につながるものですから、キャリアチェンジを希望する場合などは、自分自身への自身の評価の根拠となる部分になります。