派遣の面接で気をつけること

登録会にのぞむ時の服装で望ましいものは以下の通りとなっています。

・ スーツ

・ 職種にあった服装

・ 普通の通勤着

・ 普段着で構わない

やはり様々な職種を希望している方々ですから、必ずしもスーツでなくてはならないというわけではありません。

やはりクリエイティブ系やIT系であれば、会社内でもスーツで仕事をしているということのほうが珍しいでしょう。

ですからこの「スーツ」と「職種にあった服装」「普通の通勤着」というのは同意語であると考えていいでしょう。

「自分が働くときの服装」をしてくれば良いということです。

言い方を帰ると以下のような感覚で望めばいいということになります。

・ 自分の望んでいる業種のオフィスにあった服装。

・ TPOをわきまえた服装。

・ 販売員を希望する場合はセンスが問われるものなので、その系統にそったファッションを選択。

このような項目加え「清潔感」というものが必要とされます。

NGな服装

以上のようなことを踏まえた上で服装の選択は行いますが、最低限の守るべきマナーやルールは存在します。

・ 露出度の高い服装

・ ジーンズ、Tシャツ、ブーツ、スニーカー、サンダル、ミュール

・ 普段着、キャラ物

・ ネイルアート過多、アクセサリー過多

清潔感がないものは言語道断ですが、ある程度自由度の高い職種(デザイナーやプログラマーなど)の男性でもTシャツや襟付きのシャツにジャケットなどを着用といった感じで、節度のある服装に心がけて臨むという人が多く見られます。

また女性の場合はネイルが華々しいと「キーボードすら叩けないのではないか」と判断されます。

強すぎる香水の匂いも「配慮がない」と判断されかねません。

派遣会社の登録会は「仕事が出来る自分をプレゼンテーションする場」です。

仕事に対する姿勢を相手に見せる日と心得え、それに準ずる服装に心がけるというのが常識です。

「手元」「足元」に気をつけて、販売職以外、スーツが一番安全だということを覚えておきましょう。

たくさんの派遣会社に登録を行っても全く仕事が決まらないという場合は、この登録会での服装が関係していることも多々あります。

派遣先に不快感を与えることが派遣会社としては心配するところのものでもありますから、同じスキルの人材であれば「仕事をする姿勢」が感じられる人材から紹介してゆくことでしょう。